ペットの供養の変化

昔は住宅を持っている家庭は亡くなってしまったペットを庭に埋めて供養することが多かったのですが土地の値段が高くなってしまった現在では、持ち家に住んでいたとしてもペットの亡骸を埋葬できるほどの庭がないというケースが少なくありません。また、ペットの飼育が可能になっている集合住宅が増えてきましたが、そのような住宅に住んでいる人は、庭にペットの亡骸を勝手に埋めるようなことはできません。そのような事情があるため、自治体が動物遺骸回収サービスを提供するようになったのですが、最近ではペット葬儀の専門業者を利用する人の数が増えてきています。

ペットを家族同然に可愛がる飼い主が増えてきていますので、今後はペット葬儀業者を利用してペットの供養を行う人が多くなっていくのではないかと予想されています。自治体の動物遺骸回収サービスを利用すれば、2000〜3000円程度の費用負担でペットの亡骸を火葬に付してもらうことができます。ただし、他の動物遺骸と一緒くたにされて火葬に付されますので、遺骨を受け取ったりすることはできません。でも、ペット葬儀業者を利用すれば個別に火葬してもらえますので、遺骨を手元に残しておくことができるようになります。また、ペット専用霊園を運営しているペット葬儀業者も存在していますから、人間と同じようなお墓を建てることができます。様々なサービスを利用できるようになっているため、今後はペット葬儀業者を利用する人が増えるだろうと考えられています。